トルコリラFXで高スワップ収入を稼ぐ

2016年トルコの政治情勢、エルドアン大統領の独裁政権と近隣国との対立

現在のトルコは近年でも非常に不安定な時期を迎えています。

 

※2017年10月9日の暴落の原因も記事下に追記しました

 

その背景にあるのは、エルドアン大統領の独裁政権と近隣国との対立問題があります。特にロシアとイスラム国の問題は、世界規模で考えられるほど激化していています。

 

しかし一方で、エルドアン大統領が本格的にロシアと対立する方針に動くとは考え難く、時間の経過と共に以前のような良好な関係に戻る可能性も高いと言えます。

 

一方で、エルドアン大統領は誰よりも強いリーダーを目指しているという声もあり、国民の間には大統領政策批判もありますが、社会的には反ロシア感情が非常に強いのです。

 

その証拠が、ロシア空軍機撃墜の際でも、多くの国民がロシアに謝罪しないエルドアン大統領を支持しているのです。2003年から10年以上も首相として権力を握り、大統領となった2014年からは一層の強行路線となっています。国内では反対勢力もありますが、一般的には大衆から支持を集め人気が高い。しかし、国際的には特に欧米からはその独裁が悪評となり、年々不人気が強くなっています。

 

トルコの環境の変化

トルコは親日国として有名で、以前は多くの日本人が観光で訪れる国でした。

 

しかし、それは過去の話で今では外務省から退避勧告や渡航注意が出ています。昔も政府と反武装組織の対立はありましたが、近年はシリアやイスラム国の問題以外にも難民や、国内のテロが多い事で非常に有名になりました。政治的混乱が原因なのですが、それだけで片付けられない背景があります。

 

複雑な民族間同士の対立、欧米への不満がテロとなっていますが、それらを全て解決するのは非常に困難な道筋と言えます。トルコ人はヨーロッパの一員となりたい願望が予ねてからありますが、古くからのヨーロッパ人は賛同せず、アジア人としか見ていません。それがジレンマとなり、トルコ人は独特の立ち位置に昔からあるのです。

 

トルコの今後の情勢はどうなるか?

最近では、トルコ最大の大手新聞「ザマン」が政府の管理下に置かれる事が決定しました。

 

この新聞は政府批判で知られる事から、エルドアン大統領への独裁と不満を抑えるのが目的で、反対する読者数百人がデモ隊として警察などと対立する混乱が発生しました。

 

トルコでは、言論弾圧が続き、そして今回のザマンの出来事もあり、国際社会での信用度が著しく低下したと欧米各国が懸念を表明しています。トルコを含めた新興国の通貨は不安定な値動きを繰り返していましたが、原油価格上昇と米ドルが落ち着いてきた事から、今後10年間で最大のチャンスが到来したと語る大手ファンドも登場しています。

 

しかしトルコの銀行の不良債権は6ヶ月連続で上昇し、非常に混沌として先が見えない状況というのが正しい意見でしょう。エルドアン大統領は大国としてのトルコ復活が目的で、その為には形振り構わずに現在の政治路線を走ると予想出来ます。

 

欧州やイスラム諸国との間で力を示し、NATO加盟が達成したので残るはEU加盟が絶対条件なのです。NATOとEUの2枚看板があれば、イスラム諸国のリーダーとして真の「アラブの盟主」になれたも同然で、是が非でも成し遂げたいのでしょう。現在のトルコは不安定な面ばかりがクローズアップされがちですが、希望もあります。

 

それは年々人口が増加している事です。難民による増加という面もありますが、少子化で苦しむ日本とは立場が違い、2020年には8000万人を突破する勢いです。現在も7700万人ほどの人口なので、その潜在的な国力は計り知れないものがあります。また、親日国という歴史的背景から多くの日本企業も投資や進出をしています。政治的不安定が解決すれば、欧州や中東とアフリカ、キリスト教やイスラム教の架け橋となれる唯一の重要な国なのです
(2016年3月11日投稿)

 

その後の更新はこちら⇒トルコリラの為替の見通し

 

トルコリラに投資するならFXで高スワップ狙いの堅実投資がおすすめ

現在、軍部のクーデター等、トルコ情勢は予断を許さない状況です。

 

トルコリラ投資においても今後も為替が乱高下する可能性が高く、リスクの高い通貨となっています。

 

ですので、トルコリラに投資するのであれば、急激な為替の変動にも耐えれるようレバレッジを低く抑えて余剰資金で堅実に投資することがおすすめです。

 

FX会社のヒロセ通商であれば1000通貨ずつ投資できるため、少ない資金で少しずつ積み立てることが可能です。トルコリラはリスクの高い通貨ではありますが、その分、スワップ金利が高く、利回りで換算すると10%を超えるパフォーマンスを持っているため人気の高い通貨となっています。

 

トルコリラの堅実投資法については「トルコリラFXで堅実にスワップ金利収入を稼ぐ方法を検証しました。」に詳しく書かれていますので、参考にしておきましょう。

 

 

 

※2017年10月9日「米トルコ間ビザ発給停止」に伴いトルコリラが暴落し28円台になりました。
詳しい内容、今後の見通しについて以下に書きましたの参考にしてください。

 

トルコリラ急落の原因 「米・トルコ 互いにビザ発給停止」の影響と今後の見通し

このエントリーをはてなブックマークに追加  

トルコリラ円FXは高スワップ金利が魅力です


 
TOP トルコリラの特徴 おすすめFX会社 為替の見通し